EDとバイアグラ・・・

EDに効果のある精力剤の条件

ED放った人でなければ分からない、かなり精神的にきつい「病気」です。特に、男性は性行為がしっかりできることがある種の「男の誇り」という部分がありますので、EDになるとそういう「男の誇り」が非常に傷ついて自信を無くしてしまいます。
そういうEDに自分や、パートナーが鳴った場合は、精力剤を飲むことで改善させることができます。ただし、それは「効果のある精力剤」を飲んだ場合です。世の中には、効果がなくてもいかにも効果があるように宣伝している精力剤も多々ありますので、それに引っかからないように注意することが重要です。
では、どのような精力剤がほんとうに効果があるのでしょうか?
結論から言うと、できるだけたくさん「シトルリン」という成分と、「アルギニン」という成分が配合されている精力剤が最もEDに効果があります。
その理由をお伝えするためには、勃起というもののメカニズムを簡単に押さえる必要があります。
勃起は、ペニスの海綿体に血が流れ込むことによって海綿体が膨らみ、ペニスが硬くなるという現象です。ですので、EDとは、その血流の量が少なくなって起こる現象であり、逆に言えば、勃起をさせるためにはその海綿体にながれこむ血の量を増やしてあげればよいのです。
ここでアルギニンとシトルリンの登場です。
アルギニンとシトルリンは体内に入ると、一酸化窒素という物質になります。一酸化窒素は血管を拡張させる効果のある物質です。つまりアルギニンとシトルリンを摂取すると、体内で一酸化窒素になり、それが海綿体につながる血管を拡張させ、そこへ流れ込む血液の量を増やし、結果、勃起が回復するのです。
以上のような理由から、EDを効果的にかのス精力剤は、アルギニンとシトルリンができるだけ多く配合されているものを選ぶのが良いのです。

若くてもEDになってしまうことがある

たとえ若くて体そのものが元気な状態あっても、ふとEDになってしまうことはあります。それは偶発的なものかもしれませんが、だいたいの場合精神的なことが原因です。たとえばベッドの上で女性を前にしたとき、激しく緊張してしまえば勃起しない可能性があります。その緊張を真っ当な性的興奮に変えられれば良いのかもしれませんが、それをスムーズにできない男性も中にはいます。特に最近の男子は絶食系と呼ばれることもあり、女性に対してあまり性的興奮をしない場合があります。それではEDで満足に性交渉できない事態になってしまうこともあり得ますので、お互いのために良くありません。

 

また、生活習慣が影響してEDになってしまう男性もいます。仕事で長時間デスクワークに従事している人はEDになりやすいといわれており、仕事柄EDのリスクを抱えている男性は少なくありません。仕事に関してはしかたのない面が多々あるので、プライベートな時間に少しでも運動をしてEDにならないよう予防をしていくしかないです。

 

このようにEDになってしまう原因はさまざ考えられ、たとえ若くても油断ができません。いざ女性とベッドインしたときにEDで上手く性交渉ができなければ二人の関係にも微妙な空気を漂わせることになってしまいますので、避けては通れない問題として男性は向き合わなければなりません。ナイーブな問題だけに人を頼ることも難しいですが、その問題を早めに解決しておけば先々まで悩まずに済みます。

男性はEDのことを考え過ぎないほうが良い

明らかに内臓疾患等の病気が原因ではない心因性のEDは、まず気持ちを立て直していかなければならないです。男性は一度でもEDを恐れてしまうと、それをひどくプレッシャーに感じてしまいます。また次もEDになったら困る、彼女もしくは妻に恥をかかせられない、頑張って持続させなければならないなど、女性に集中するどころではなくなってしまいます。です心因性のEDになったらそうして女性に集中できないのは言うまでもなく逆効果であり、それではいつまで経っても正常には戻らなくなってしまいます。そこで、気持ちの立て直しが必要です。

 

まず大事なのは自分がEDであるという事実をスッパリ忘れ、目の前の女性を愛することに集中します。勃起は意識の部分ではなく無意識が重要ですので、いろいろと考えごとをするのは良くないです。もっと本能的になったほうが良いのですから、あれこれ考えてはいけません。そうすれば段々と正常な勃起状態を維持できるようになってきますので、それで徐々に「EDではない」と自信が持てるようになります。

 

また、彼女もしくは妻に対してEDを恥ずかしいと思う気持ちは捨てなければなりません。そうなってしまった以上プライドは焦りを感じる原因になるだけでプラスにはなりませんから、それならあえてEDであることをさらけ出して一緒に解決できるようにしていったほうが良いです。さらに何度も挑戦して自信を失うよりは、あえて期間を置いてみるのも効果的です。ですので、男性はEDになったときほどそのことを考え過ぎないことが大事です。

ED治療薬を安く手に入れるには

EDの治療法にはいろいろありますが、最も手っ取り早く即効性があるのはED治療薬であるバイアグラ、レビトラ、シリアスです。これらは、サプリメントではなく認可を受けている治療薬ですので、性行為の30分から1時間前に服用することで効き目が出てきます。また、性行為等による刺激がない限りは勃起することもありませんので、安心して服用できます。
ただし、入手するためには、医師による診察を受けなくてななりませんので、コストが高くなるのが問題点です。種類にもよりますが、1錠あたりで1000円から2000円ほどします。実際には、効果が素晴らしいと感じる方が多く、このくらいのコストは安いものだと考える人も多いようです。しかし、5錠購入すると5000円から1万円ですから、もっと安ければそれに越したことはありません。
現在、日本国内で認可を受けているED治療薬はこの3種類ですが、海外ではジェネリック治療薬も多く普及しています。また、バイアグラ、レビトラ、シリアスもの日本国内と比べるとはるかに安い金額で提供されています。これらの輸入品をリーズナブルな価格で入手することはできないでのでしょうか。
こんな時に便利なのが、個人輸入代行サイトです。以前は偽物を販売する怪しい業者も存在しましたが、最近では、長年の実績を持ち多くの方に利用されている個人輸入代行サイトがあります。ここであれば、ジェネリック治療薬も含めて非常に安く購入することができます。また、局留めで送ってもらうこともできますので、家族持ちでも安心して注文できます。

EDの症状は意外と幅広かった

EDは勃起をしない状態を指すものだと思っている方は結構いるのではないでしょうか。自身でもそのように思っていましたから、元気はなくなってきたと感じていたものの、でも一応は大丈夫だと思ってました。ちなみに状態としては、以前と比較をするとあまり硬くならなくなり、また、持続力も低下していましたので中折れをすることがたまにですがあったりする状態でした。でも頑張れば最後まで持たせることもできていましたので、まだEDにはなっていないと考えていたのです。
ところが私のような状態もEDに該当することをある時に知ったのです。EDの症状としては勃起をしないことをはじめ、その他にも十分な勃起力がなかったり持続性がない、満足のいく性行為ができないなどが該当するようですが、見事に症状に当てはまっているではないですか。その事実を知った時にはショックでしたし、しかも結構前からこんな状態でしたので、ずっとEDだったということです。自分は違うと思っていましたので安心していましたが、でも医学的には立派なEDのようで自分にがっかりの気持ちでした。
ただ勃起は問題なくさせることができる状態でもありましたから回復できるかもしれないと思っていましたし、精力をアップさせるサプリメントなんかも飲んでみたことがあります。でも実際はなかなか改善しないものなのですね。栄養補給でもすればたちまち元気になるだろうと思っていましたが意外とそうでもなかったのです。思ったように良くなりませんので、近ごろでは真剣にバイアグラでも飲んでみようかと考えています。

EDの細かなタイプ

EDという言葉を聞いたことはあるでしょうか。
男性の方ならご存知の方が多いのではないかと思います。
・EDとは
EDは、男性器が性的興奮時に「勃起」することができなくなった状態のことをいいます。
・EDになる原因とは
勃起は、性的興奮をした時に性的刺激の伝達を神経から発信されることにより、血液が男性器に送られて勃起します。
しかし、こういった神経と血液のどちらかが機能しなければ、勃起という現象が起こりません。
つまり、勃起するには神経と血液の2つが関係してきます。どちらかの状態が良くても、どちらかの状態が問題があれば必然的に機能しなくなってしまうのです。基本的なEDの原因はこういったものになります。
・細かなタイプ
@器質性ED
50代以上の年齢の方に多い血管と神経の障害で引き起こすEDです。
A心因性ED
中年男性に多くみられる、精神的なストレスによって引き起こすED。
B混合性ED
50代、60代に多くみられる血管と神経にプラスして精神的ストレスから引き起こすED。
C薬剤性ED

ある薬剤を服薬したこによって引き起こされるED。
こういう風に、細かく分けて4種類のEDに分類することができます。
今の自分、またはパートナーがどのタイプに当てはまるのかを考えてみてください。

 

EDは、血液が非常に関わってくる病気なのでEDになる人の年齢層としては50代以上の方が多い傾向にあります。
しかし、精神的なストレスによって引き起こされるEDの場合には、30代の若い方にも多くみられます。仕事などで大きな責任を持ち始める年齢でもあり、家庭を持っている方が多くなる年齢ですので、そういった背景も原因になるようです。